« 新幹線 | Main | iPhone報道に思うこと »

Friday, May 09, 2008

ブランド品

PRADAのケータイがDoCoMoからでるらしい。

オリジナルのケースやスタイラスストラップが付属するのだが、NTT DoCoMoの報道発表によれば、これがどうやら単品では販売されないらしいのだ。だったら、保守部品として使用者に対しての販売はないのかという声が聞こえてきそうだが、おそらくそれもないだろう。
そもそもブランド品というのは誰でも持っていてはブランドイメージとしての価値がなくなる。ブランド品はそれなりにいいものだからブランドが意図する以外の使い方をされ結果としてブランドイメージを傷つけられるのが嫌うからだ。
とある禁煙活動を推奨するブランドがあったとする。そのブランドが今回のような革製のケータイケースを作成したが、その大きさがちょうどたばこケースとして使うのに最適な大きさだったとしよう。そこで、そのケータイケースがたばこケースとして使われたとしたらどうだろうか。世間からは「禁煙活動を推奨しているのにたばこケースを作成している矛盾するブランド」といった勘違いを招いてしまってはそのブランドにとってマイナスのイメージを植え付けることになる。(念のためですが、PRADAのことを指してるわけではありません。PRADAが禁煙活動を推奨しているかなど私は知りませんのでこれは単なる例えです。例えとして不適切かもしれませんが趣旨は汲んでください。)
中高生がブランド品を持ち歩く国なのでブランドイメージに関して軽くとらえられがちだけど、やっぱブランド品にはそれなりのステータスがあって欲しい。でないと、ブランドがかわいそうだと思う。

|

« 新幹線 | Main | iPhone報道に思うこと »