« Wii | Main | 処分はそれだけなの? »

Friday, March 02, 2007

ちょいテレ・データ放送対応版(BUFFALO DH-ONE/U2P)

BUFFALOからデータ放送に対応したUSBワンセグテレビチューナ「ちょいテレ(データ放送対応版)」が発売されましたのでさっそく購入しました。
そこで、昨年購入したデータ放送非対応版」(別にBUFFALOでそう呼ばれているわけでも表記されているわけでもないが、データ放送対応版と区別するためにこう呼ぶことにします。)との比較を簡単に書いてみます。
まず、同梱物の変更から見てみましょう。変更点は3つ。1点目はUSB延長ケーブルが台座付になっています。台座部分はちょっと違いますがこんな感じのモノです。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/30279.html
2点目は、外部アンテナの有無でモデルが別れているところです。(外部アンテナ付属モデルDH-ONE/U2P・外部アンテナ無しモデルDH-ONE/U2M)外部アンテナが不要な方はアンテナ無しモデルがお得です。
そして最後に携帯電話からの録画予約が「reserMail」から「iCommand」に変更された点です。(この違いは今のところよくわかっていないので後日調べて報告します。)
さて、つづいてはその他の変更点です。ドライバの名称(この表現が正しいかどうかわかりませんが、PCに挿したときに認識表示される名称)が変わってます。「DH-ONE/U2」から「DH-ONE/U2 Series」に変更されていました。シリーズというぐらいだから試しにDH-ONE/U2を挿してみたら見事に動きました。
そして最後に一番大きな変更点ですが、視聴ソフト「PCastTV for ワンセグ」にデータ放送表示タブがありデータ放送が見られるようになりました。
さて、ここからが今回もっとも書きたかったことです。書きたかったことですがひょっとしたら問題があるかもしれないところです。問題があるときはすぐに教えてくださいね。X01HTとMMSで結構懲りてますんで。
話がそれたが戻しましょう。もっとも書きたかったことそれは「データ放送非対応版」をデータ放送対応版をインストールした環境で使うとデータ放送が見れてしまうことです。つまり、データ放送が見れるかどうかというのはソフトに依存するようなんです。DH-ONE/U2も値下げして継続販売(とはいえ在庫限りかもしれないが…)するようなのでこの事実は公表されないんだろうなというわけです。でも、「データ放送に対応しました」と言って視聴ソフトを無償提供してくれた方が企業イメージはあがると思うのだがいかがでしょうか。新たに買った私はちょっと損した感がありますが、同時視聴できるチャンネル数が増えたんで良しとしますか。というか、ここに書くネタとしては十分に面白いネタなんでよかった。かな?

|

« Wii | Main | 処分はそれだけなの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14622/14096642

Listed below are links to weblogs that reference ちょいテレ・データ放送対応版(BUFFALO DH-ONE/U2P):

» dh-one ちょいテレについて色々と書くブログです。 [dh-one ちょいテレ]
dh-oneちょいテレの魅力について色々とリサーチをして、解説をしていきたいと思います。あなたのパソコンライフをさらに向上させましょう! [Read More]

Tracked on Saturday, March 03, 2007 at 15:55

« Wii | Main | 処分はそれだけなの? »