« January 2004 | Main | March 2004 »

Sunday, February 15, 2004

濡衣塚

DSC00008.JPGDSC00007.JPG

「濡れ衣」とは無実の罪の事でよく使う言葉だと思います。その由来の一つが地元にあるとは知りませんでした。
その昔、継母に漁師の衣を盗んだという罪をきせられて父に殺されてしまった春姫と呼ばれる娘が、父の枕もとに立
って無実を訴えたという話です。実際にそのような事件があったのか、伝説なのかは不明ですが、康永3年(1344年)に作られた石碑(供養塔)が福岡市博多区の御笠川にかかる石堂橋という橋のたもと残っています。(写真左)

右の写真はその説明書きを写したものですが次のように書かれていました。

福岡県指定有形文化財(考古資料)Prefectural Designated Cultural Property
康永三年銘梵字板碑
STELE WITH ENGRAVEMENT OF "THIRD YEAR OF KOEI(1344)" IN SANSKRIT LETTERS
聖武天皇の頃、継母に無実の罪をきせられて死んだ筑前国司の娘を供養した墓と伝えられており、「濡衣濠」とよばれています。
この石碑は、板碑と呼ばれる中世の石造物で、玄武岩の自然石を用いています。高さは約165cmで、梵字が正面3箇所に太く刻まれています。最上段は大日如来(バン)、右下が宝幢如来(アー)、左下が天鼓雷音如来(アク)を表現しています。康永3年(1344)の銘が刻まれており、南北朝時代の板碑であることがわかります。
この板碑は、本来は聖福寺の西門近くにあったといわれ、江戸時代に御笠川の東に移されました。そして、現在の場所へは御笠川の河川改修に伴って、2001(平成13)年に移築されています。
2002年3月
福岡市教育委員会
The Board of Education of Fukuoka City
みんなの文化財を大切に

| | Comments (0)

Sunday, February 08, 2004

西九州のとある温泉地

DSC00001.JPGDSC00004.JPG

西九州のとある温泉地に行ってきました。
高地にあるとはいえすごい雪だったので誰かが「かまくら」を作ったようで、珍しさのあまり撮影しました。もうひとつは霧氷の写真です。
(撮影機材:NTT DoCoMo SO-505i)

| | Comments (0)

Sunday, February 01, 2004

研修所

お仕事の話です。
先週一週間のお話ですが、研修所に入ってました。
研修所に入るのは一昨年の11月以来なので、1年ちょっとぶりです。その間に「郵政事業庁」から「郵政公社」になるなど組織体系が変わったということもあるんでしょうが、研修所もずいぶんと変わってました。これまでは集団生活を学ぶという色合いが強かったのですが、今では純粋に個人の能力を伸ばすということに重きを置いてるというのが率直な感想です。ですから、研修所内での授業も実践に使える内容が多く意味のない座学の時間は減ってました。これは私たちの訓練がある程度の知識を持った集まりだという前提があるからというわけではなく、他の訓練で入所してた人たちも言ってたことなので間違いないだろう。私個人の意見としては良い方向に向かってるように思えるが、結果がまだ出ていないので判断はそれからになるだろう。
研修所でのことはおそらく私たちの組織からすればホンの氷山の一角であると思うが、改革が目に見えるところにまで表れ始めた。はたして私たち職員の意識というのはどうだろうか。ちょっと不安すら感じるようになった一週間でした。

| | Comments (0)

« January 2004 | Main | March 2004 »